安売りがさらに貪欲にさせる罠

---目次

 ---

 

 

元値記載でお得感誘発は効果てきめん

ということでお買い物についてのお話です。

通常のショッピングからネット通販まで色んな購入方法はありますが、今回は安売りや値下げをピックアップしていきますよ。

 

基本的にものの値段には相場というものがあり、それより低いと安くお得感を感じます。その相場は時価であり一定で無いためおおよその数字をめどにしますが、情報が無い場合基準にするのが元値記載です。

 

元々は1000円のものが800円ですよ!となれば普通に安いと感じますよね。

が、周りの店は600円が相場で売っているとします。こうなると、「この期間値下げします」となった場合600円以下で売ることになるので、800円販売の所は特に魅力的に感じなくなります。

 

ここがミソなんですよね。安売りがさらに「もっと」を求めてしまう。

わたしだけですか?ww

 

もっと探せばこれより安いのないだろうかとか、もっと安くなる期間まで待とうという考えになってしまうのです。そして見つけた最も安価商品を入手するのです。

 

f:id:hate4a:20170803124340j:plain

参照:https://www.photo-ac.com/

 

 

安ければ安いほどいいけど、でも

 

でも、の話です。

 

少しでも安く買えれば、他のものを買う際の負担が軽くなります。

半額商品などは2個で1個の値段なので、目に見えてお得度が分かります。とくに毎日消費する日用品や食料などは、出費がかさみがちなのでお買い得品を要チェックですね。

 

f:id:hate4a:20170803125239j:plain

参照:https://www.photo-ac.com/

 

 

でも、あまり値段に固執し過ぎて安いだけで性能が伴ってない物も中にはあります。

そういう時もあるので、わたしは元値を参考に現在価格を見ます。上記の800円シャツのパターンでもそうですが、元値からの減り幅を確認します。

 

1000円→800円と1000円→500円では確かにお得感ありますが、元値が600円→500円だと余り値引きされて居ないので同じ500円でも安く感じません。

元値が1000円だと、1000円で売るつもりであったということで、そこそこ品質が良いように思います。

 

まあ、500円でも利益が出るのですから原価500円以下なのは間違いないのですが。

少なくとも600円のものが500円になった程度のものよりは作りがしっかりしている場合がありますね。

 

まあ、考え方次第で安くも高くも感じます。

 

f:id:hate4a:20170803123949j:plain

参照:https://www.photo-ac.com/

 

 

数字だけで分からないこともたくさん

ここまでいかにお得感を感じていいものを選ぶかの話をしてきましたが、実はそんなこと関係なくて元値から安くても高品質なものは沢山あります。

 

あくまで基準として元値から価値を吟味するのであって、それが全てではないことはちゃんと分かっていますよ(*´▽`*)

 

日本製品は本当にプロ綿(プロの綿密)な品質重視商品が多く、どこまでも消費者優位です。逆にそれがまた品質に対して要求が増えていく要因にもなるんですけど…。

コンビニのサービスとかもう、アルバイトに要求すること多すぎてかわいそうなくらいですよね。日本は忍耐の国ですが、もう少しアバウトでもいいと思うw

 

消耗品衣類でいえばワイシャツの下に着る肌着シャツなんかはすぐ汚れて買い替えるので、価格>品質ですしね。ガシガシ洗濯するものはダメになるのも早いから安さの方が優先されます。

 

個人的に思うこと

あと超個人的にですが女性衣類で生地に対しての値段が釣り合い取れてないものがたまにあって、それは超高い!って思って買いません。

 

シースルーシャツに3000円とかちょっとハードル高いです(´・ω・`)と思って去年シースルーカーデ1500円で買ったけど、今年同じの出てるの見たらセールで500円まで下がっててしょんぼりしました。オーマイガット。

 

去年は品薄で高かったっぽいけど、今年シースルーアイテムめっちゃ出てるから取り扱ってる店も多く、安く買い入れ出来たんでしょうね。

 

女性服は流行りがすぐ変わるから値段が落ち着かないのが多く、購入タイミングが難しいです。トレンド先取りして、高値で買っちゃうのも何だか損した気になっちゃうしね。流行って値段が落ち始めてからが一番無難ではありますね。

 

今年は購入タイミングに気を付けてお得アイテムをゲットしたいと思っております♡

 

広告を非表示にする